2つの売却方法|信頼できる不動産会社を選ぶ|マンションを売却する

2つの売却方法

婦人

マンション売却を考える時には、まずどういた方法で売るのかを決めなければなりません。マンションを売る方法には、大きく分けて2つ存在します。1つは不動産会社に仲介を依頼して買い手を探してもらう一般的な売却方法で、2つ目は業者に直接買い取ってもらうといった方法になります。2つ目に挙げた業者による買い取りというのは、近年になって急激に増加している売却方法です。この方法の特徴は、一般的な売却方法に比べて早くマンションを売ることができるという点にあるでしょう。

一般的な方法でマンションを売る場合、前述した通り不動産会社に買い手を探してもらい、取引を仲介してもらわなければなりません。そうなってくると、現金化までにある程度の時間が掛かってしまいます。業者による直接買い取りであれば、買い手を探す必要がないため、長くても1カ月以内(条件により異なる)に現金化することができるでしょう。ただし、この方法にはデメリットも存在します。そのデメリットというのは、一般的な売却に比べて売却価格が安くなってしまうという点です。どれだけ安くなるかというのは具体的に挙げることができませんが、大体20%から30%安くなると言われています。そのため、マンションの現金化を急いでいないのであれば、一般的な売却方法を選択した方が良いでしょう。ただ、一般的な売却方法であっても、不動産会社の取引方法が両手取引であれば、マンションの売却価格が安く設定されてしまう可能性が高くなりますので、片手取引を行なってくれる不動産会社を選ぶことをお勧めします。